カテゴリ:Camping( 3 )


メモリアルデー・ウィークエンドの金曜日から3泊4日
サンタバーバラ郡にあるカチューマレイク保養地でキャンプ
渋滞が無ければ家から1時間半の距離
渋滞があれば......軽く倍の時間はかかるでしょう

今回滞在した場所はサンタバーバラから154号線を
サンタ・イネスやソルバング方面へ向かう途中の湖のある保養地
昨年と比較して湖水量も増え「ザ・レイク」という感じでした
ダムも近くにあるようなのですが、周辺散策は次回のキャンプまで保留

(到着した午後はあいにくの曇り空)
b0368324_01084810.jpg

サンタバーバラ郡が管理する広大なリクレーションエリア(保養地)
宿泊はテントキャンプ、RVキャンプ、ロッジキャンプなどなど
湖では人体は湖水に入れませんが、ボートやカヌーなどの遊びはOK
テントキャンプのサイトも湖の前に広がっています

お土産品や豊富な品ぞろえの売店もすぐそばにありますよ~
b0368324_01312123.jpg



予約したRVキャンプサイトは木陰があるタイプ
焚き火用ピットは備わっていないので各自持参
水道・電気・汚水処理も各サイトに備わっているのでと~っても楽です

b0368324_01313627.jpg
まわりには超大型RVバスやトレーラーがあちらこちらに
観光バス並みの大きさのキャンピングカーばかりで圧倒
我が家サイズのキャンパーは3台だけ
もっと写真を撮りたかったのですがプライバシー侵害かな?と思い遠慮です
b0368324_02585601.jpg
b0368324_03051662.jpg
ゴージャスなキャンパーに超イケメンピックアップトラックの数々
キャンプ生活のレベルが違いすぎる!
皆さんあまり外に出てこない感じもしたのですが....
車内は冷暖房完備、テレビはもちろん応接空間も広く
キッチンも充実....キャンプなのになんで~~
一体キャンプに何を求めてきているのでしょうか


b0368324_03222799.jpg

日本のテントキャンプしか知らない
taffy家にとっては小さいながらも
車内で寝れるだけ”御の字”でございます


と、思いつつ煩悩が邪魔をする130.png









毎日通りすがる富欲層なキャンパーに羨望の眼差しを傾け
特に何するでもなく心地よい爽やかな風の中
ipadでゲーム三昧(私)やお散歩三昧(夫&もも)で楽しんでおります

夕方は冷えるので2~3本の薪を炊いてじみ~に暖をとりながら
後方から聞こえる爆音ラテンミュージックに困惑
でも22時には静かになるのでそれまで我慢

b0368324_01391718.jpg
食事は自炊ですが、すべて家で下処理や冷凍にして
あとは焼くだけ、温めるだけのメニュー
日本で購入してあった未使用のコールマン卓上グリルでの焼き肉は超美味でした

b0368324_01522604.jpg

くつろいでいて目に付いたのは、地面にあいた無数の穴、住人はこの方たちでした

(ちょっと名前が出てこない....)
b0368324_02343931.jpg
(こちらはリスの仲間ですね...しっぽがリスしています)
b0368324_02353097.jpg
自然豊かな場所なので見たこともないような、頭に何か付いている鳥だったり

b0368324_02384135.jpg
トレイルでは蛇に遭遇したりマウンテン・ライオンに注意のサインがあったりと
私には絶対むり、ムリ、無理~のネイチャーエリアです



おっと、忘れるところでした!
我が家のもも姫様もリラックスして楽しんでいましたよ~

b0368324_03365873.jpg

それから、郡が管理しているからなのか
1~2時間ごとにレンジャーのパトロールや
郡警察の騎馬パトロールも
b0368324_03470124.jpg

日々喧噪のなかで生活しているわけではないのですが
それでも心が休まるキャンピング
9月の連休もまた来たいね~と話しています




にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

本日も来ていただき有難うございました

[PR]
アメリカに来て
そして、キャンピングトレーラーを購入して
そして、そして、ももちゃんと共に
お初づくしの2泊3日キャンピングに行ってきました
場所は自宅から近~い海近な州立公園

↓こじんまりした入口
b0368324_03001091.jpg

友人のキャンピングカーと前後にサイト使用
↓手前は友人のクラスAキャンピングカー
b0368324_03155220.jpg

初めてのトレイラーキャンピングなので駐車しやすいサイトを選択
↓私が立って写真を撮っている場所にピクニックテーブルや
ファイヤーピットが設置されています

ももちゃんにはちょっと大きめのケージで対応
b0368324_03181898.jpg

↓日差しが気持ちいいのでお昼寝三昧
b0368324_04071390.jpg

夜はトレイラーのベッドで私達と一緒に就寝
とってもお利口さんでした
b0368324_04084251.jpg


キャンプ場から州道1号線(PCH)の橋桁を抜けると太平洋

b0368324_04242632.jpg

↓サーフィンや海へ行く人用の園内日帰り専用駐車場
b0368324_04184033.jpg

キャンプサイトからは徒歩で海へ出られます....が
橋を中心に南側の海岸は犬の進入禁止
でも北側の海岸は犬OK

←南側   北側→
b0368324_04264021.jpg

残念ながら前日の雨で橋の下には大きな水たまり
海に出られず橋下のアートのみ観賞
b0368324_04294776.jpg

b0368324_04303781.jpg

b0368324_04314158.jpg

キャンピングトレーラーの住み心地は..........
狭いような大丈夫なような(ーー゛)

全体的には悪くないので★★★☆☆くらいでしょうか
友人のキャンピングカーはクラスAのモーターホーム
さすがに広く使い勝手がよろしい

♪となりの芝生はいつも青々~♪


039.gif2~3年は我慢?して
Cタイプのキャンピングカーできゃんぴんぐぅ~
夢見るtaffyでありました




本日もお読みいただき有難うございます

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

[PR]

先月末に購入したキャンピングトレーラー納車のため

サンバーナーディーノ郡に属する都市 モントクレアへ行ってきました

我が住む町から約150キロ南へドライブ

LA郡を過ぎたあたりから見える山々の景色がとても綺麗

目的地まであと少しです
b0368324_08134482.jpg

じゃじゃじゃ~ん これが今回購入した牽引式のキャンピングトレーラーです

ちっちゃ~いですが、夫婦2人とももちゃん専用には丁度良いサイズ


b0368324_13342259.jpg

うしろ姿です

b0368324_13350706.jpg

入って左にあるキッチン(レンジ・ガス台・オーブン・冷凍冷蔵庫)

b0368324_13423532.jpg



入って左奥にあるバンクベッド(2階ベッド)
ここは主に荷物置き場にする予定

b0368324_13460088.jpg

バンクベッド横のドアを開けるとシャワーとトイレ

b0368324_13493561.jpg

バンクベッドがある奥から前方を見た様子

b0368324_13511819.jpg

小さいながらも最大5名が就寝可能となっています
(クイーンに2人・バンクに2人、ダイニングがフラットな1人用ベッドになります)

そしてピックアップトラックで牽引します

b0368324_14213913.jpg

帰りはハイウェイのスローレーンを安全運転しながら無事帰宅

小ぶりなキャンパーといっても、家の駐車スペースにはちょっと大き過ぎるので
自宅から車で10分位の所にあるストレージに駐車スペースを借りました008.gif
維持費とキャンプ場使用料を考えたら、ホテルに泊まった方が安くないかい?




おまけ・・・2本立てです

その1

時間の目途がつかなかったので、ももちゃんも一緒に行きました
行きはケージの中に入ってもらったのですが、なかなか横になってくれません
座ったままじーっとしていたり、小声で泣いたりと可愛そう
なので帰りは私の膝にのせてあげると、体を伸ばして爆睡です

b0368324_15565452.jpg




その2

行く途中、パサデナ辺りでしょうか
渋滞が始まり、ブレーキをかけて止まった瞬間
ガッシャ~~ンと後ろから衝突されてしまいました
すごい衝撃で体が前後したので首が痛かったな
ももちゃんの入ったケージは後部座席に固定しておいて正解だった
もし私が抱いていたら、前へ投げ出されていたかもしれないよね

あちらの車、バンパーとフロントが割れています
ラジエーターが無事だったのはラッキーとしか言いようがありません
これからラスベガスまで娘を送りに行く途中だったようです


b0368324_15091407.jpg

結構な衝撃があったので後ろのバンパーがやられたと焦った夫
これからキャンパーとりに行くのになんて事だ!とパニック寸前
しかしトラックの後部をチェックしたら目認できるキズが見当たらない
なんと牽引ヒッチを着けていたので無傷だったのでした
でも念のため、後日ディーラーにチェックしてもらう予定です

ありがとう、ヒッチ君
b0368324_15165920.jpg

警察を呼ぶほどではなかったので免許証と保険の写メを撮り、連絡先をもらい
あちらの車がちゃんと動くかどうか確認をしてからその場を去りました

誰も怪我せず、車も大丈夫のようだし・・・・
もし家を出る前に牽引ヒッチを装着していなかったら・・と考えると
やだやだ・・・考えるのがこわ~い
大事にならなくて良かったです


精神的にも、体力的にも長~い一日でした





にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

本日もお読みいただき有難うございました
安全運転してね

[PR]