週末1泊旅行/復路・・・ワイナリー巡り編


2日目

Tulare=テューレアリを離れ198号線で西に横断

相変わらずの枯草原地帯、360度見渡す限りベージュ色

農村地帯なのに植物&食物ゼロ, 水が全くない状態のようです。

イメージとしては、北海道の黄金いろの背の低い麦畑が果てしなく続いている感じでしょうか。

30度越えの暑さで空気も乾燥しているので、マスク持参するべきだったと後悔。

ホテルを出てから2時間以上、ようやくトイレ休憩が出来る場所発見

Kettleman city=ケトルマン・シティーという町のBravo Farms=ブラボーファームス

とてもかわいい造りでレストランやアンティークショップ、お土産店もあります。

b0368324_02533758.jpg

b0368324_02540663.jpg
b0368324_02544048.jpg


すっきりしたところで、♪On the road again~♪

風景もだんだんと緑が多くなりようやくブドウ畑にご対面

カリフォルニアはワインの産地でも有名ですが、日本人にも良く知られているのが

ナパバレー産やソノマ産といった主に北カリフォルニアで収穫されるワインです。

ここ南カリフォルニアでは、パソ・ロブレス、サンルイス・オビスポ、サンタバーバラ方面に

数多くのワイナリーが点在します。

ワインテイスティングツアー(ワイン試飲ツアー)もありワイン好きにはたまらないですね。

今回私たちが寄ったワイナリーはPaso Robles=パソ・ロブレスという町にあります。

b0368324_03234869.jpg




b0368324_03263757.jpg



お買い上げしたのは、VINA ROBLESで4本とMitchellaで1本

b0368324_03311566.jpg

同じ敷地内に3件のワイナリーがありましたが試飲したのは2件のみ

もっと他にも寄ってみたいワイナリーもありましたが家路を急ぐのと

飲酒運転になってしまうのでここでSTOP。

海沿いの101号線を南下し、サンタバーバラでは渋滞にはまり

4時過ぎ無事帰宅。

2日間で全走行1,100キロ

「横浜から北海道まで行けちゃったね」と夫は笑っていた。。。



~*~*~*~*~*~


今回ワイナリーにて学んだこと

その1
私のお気に入りはPinot Noir=ピノノワールですが、南カリフォルニアは栽培に適さないそうです(残念)

その2
赤ワインの渋み(タンニン)はステーキや中華料理を食べたときに一緒に摂ると良いそうです。
お茶のタンニンと一緒ですね。



あれやこれやと偉そうに書きましたが

じつは私、五十うん年間アルコールがまったく飲めませんでした。

夫がワイン好きなのでミーちゃんハーちゃん的に銘柄や品種などは知っていたので

11月のあの時期、そうですテレビや巷で大騒ぎする初物ワインも必ず購入していました。

そして3カ月前から毎晩ワイングラス1/4の量(約60cc)の赤ワインを食事と一緒に続けています


やっと大人の仲間に入れたかしらん 012.gif って


たったの60ccじゃね~、まだまだお子ちゃまかしらん 037.gif



地元にも何軒かのワイナリー発見、まずはそこから開拓ですね!




今日もお読みいただき有難うございました


[PR]
トラックバックURL : http://dreamyeyes.exblog.jp/tb/25909689
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by dreamyeyes | 2016-06-14 04:54 | ちょっとそこまで(お泊り) | Trackback | Comments(0)